京都河原町*かんたんきれいに着られる着物・お仕立て・結納儀式用品・代筆・水引工芸・和のおしゃれなお店*

帯の結び方

  • HOME »
  • 帯の結び方

帯の結び方

(1)帯を半分の幅に折って、帯先を持って、左腕を伸ばし、右肩まで「て」を取ります。

(1)帯を半分の幅に折って、帯先を持って、左腕を伸ばし、右肩まで「て」を取ります。

(2)帯を広げ(「て」は折ったまま)、帯を巻いていきます。

(2)帯を広げ(「て」は折ったまま)、帯を巻いていきます。

(3)帯を2周巻き、ぎゅっと締めます。

(3)帯を2周巻き、ぎゅっと締めます。

(4)「たれ」を下側から三角に折ります。

(4)「たれ」を下側から三角に折ります。

(5)「て」を上にして、ひと結びします。

(5)「て」を上にして、ひと結びします。

(6)結んだら、緩まないように180度ひねります。

(6)結んだら、緩まないように180度ひねります。

(7)「たれ」を折って、羽根を作ります。

(7)「たれ」を折って、羽根を作ります。

(8)羽根の中心を谷山谷で折ります。

(8)羽根の中心を谷山谷で折ります。

(9)「て」を上からかぶせ、1周目の帯と2週目の帯の間を通し、 下から上へ抜いてきます。

(9)「て」を上からかぶせ、1周目の帯と2週目の帯の間を通し、 下から上へ抜いてきます。

>(10)(9)の行程を2回し、2回目に「て」を引き抜いたら、その「て」を、 帯と伊達締めの間を通し、下に抜きます。

(10)(9)の行程を2回し、2回目に「て」を引き抜いたら、その「て」を、 帯と伊達締めの間を通し、下に抜きます。

(11)余った「て」は補正にしてしまいます。 先からたたんで帯の中にしまいます。

(11)余った「て」は補正にしてしまいます。 先からたたんで帯の中にしまいます。

(12)衿の方向と同じ方向(右回り)に帯をまわします。

(12)衿の方向と同じ方向(右回り)に帯をまわします。

(13)帯板を入れます。 ※ゴムの付いている帯板は、帯を巻く前につけます。

(13)帯板を入れます。 ※ゴムの付いている帯板は、帯を巻く前につけます。

(14)できあがり♪

(14)できあがり♪

浴衣の着方はこちら

着付ご予約&結納・金封ご相談はこちら! TEL 075-221-2009 10:00~19:30(水曜定休・火曜は17時まで)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook

Instagram Feed

Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.
PAGETOP
Copyright © 福田松花堂 FukudaShokado All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.